古本を買取してもらうことの優位性

Pocket

皆さんの家には、もう読まなくなった本やマンガはないだろうか。場合によってはそういった本が多すぎて本棚に収まりきらず、部屋に本が山積みされていることもあるかもしれない。 では、それらの本をどうすれば良いのか。紐でくくって廃品回収に出すとか、段ボールに入れて町内のバザーに出すとか、いろいろな方法が考えられると思う。しかしながら、それらの方法は手間と時間がかかるばかりで、金銭的には何の足しにもならない。 それならば古本を買取に出すという選択をしてはどうか。買取業者に持っていくのが面倒くさいし、第一重くてかなわないと思われる方もおられるだろうが、その心配はない。 なぜなら今では自分で持ち込まなくても業者の方から取りに来てくれるからだ。インターネットで申し込み、段ボールに古本を詰めておけば、自宅まで無料で取りに来てくれるので、廃品回収に出すよりも楽なのだ。 しかも、送った本の買取額は後刻メールで送ってくれるので、自分が思っていたよりも低い額で買いたたかれたと悔しい思いをすることもない。しかも場合によってはインターネット経由で売った方が、店頭に持ち込んで売るよりも高く買ってくれるキャンペーンをしているような業者もあるので、そのような時期に売ればさらに懐が温まる。 つまり、どのような側面からみても、家にあるいらない本は捨てるよりも売るほうが有利なのだ。皆さんにも「本棚の肥やし」になっている古い本があるならば売ることをお薦めする。